Home Sitemap Mail
トップページ
 トピックス
 インフォメーション
 JSBN事務局
 リンク
JSBN
 ご挨拶
 定款
 役員名簿
 施設会員
活動内容
 スキンバンクってなに?
 プロセス
これまでの実績
 歴史
 救命効果
 実績
スキンバンク活動へ
  ご協力のお願い
 ご支援・募金のご案内
 これまでに
 ご協力いただいた方々
 

スキンバンク活動へ ご協力のお願い
日本スキンバンクネットワークはこれまで15年にわたり広範囲熱傷の患者様の救命のために活動を行ってまいりました。
この間、重症熱傷の治療に大いに貢献し、年間100件近くのスキンバンクからの同種皮膚の提供実績を積み上げてまいりました。例えば、東海村放射線被曝事故、サハリン火炎瓶テロの被害者、福井原発等の事故に同種保存皮膚を提供し重症熱傷患者の救命に寄与してまいりました。
我が国では、ドナー不足から同種保存皮膚の絶対量は不足しております。保険適用材料としても認められておりません。無償で提供を受けた貴重な医療材料ですので通常の製品のように利益を上乗せすることもできません。スキンバンクの管理運営にはかなりのコストがかかりますが、 それに見合う対価を得ることが出来ない状況にあります。
これまで以上に熱傷治療に貢献し、患者救命の使命を果たすため日本スキンバンクネットワークの業務に対するご支援を皆様にお願い申し上げます。
 
  一般社団法人   
日本スキンバンクネットワーク
代表理事 仲沢 弘明

| ▲TOP | ■HOME |
ご支援・募金のご案内
ご支援いただいた資金は、患者さんの負担を軽減するため同種保存皮膚の
検査・凍結処理・保存費用の一部に充てると共にバンクの運営、啓発活動資金、保存法研究資金として使用させていただきます。
  • 賛助会員
    スキンバンク会員となっていただき、年会費を頂くことで、
    継続的なご支援をいただくものです。
  対象 金額
法人会員A 募金にご協力頂ける企業・団体 一口 10万円
法人会員B 同上 一口 5万円
個人会員A 医師の方 一口 2万円
個人会員B 医師以外の方 一口 1万円

  • 寄付

ご援助頂いた方へ

  • JSBNの機関誌
  • JSBNの各種イベント、セミナー等をお知らせいたします。

以下の賛助または寄付申込書(PDF形式)を印刷し、必要事項をご記入の上、
お手数ですが、FAXまたは郵送にてお送りください。
 

賛助会員募集趣意書・申込書(PDF)

寄付金募集趣意書・申込書(PDF)
 
趣意書・申込書をお送りさせていただくことも可能です。
 
連絡先:

〒173-8610
東京都板橋区大谷口上町30−1
日本大学医学部形成外科医局内
一般社団法人 日本スキンバンクネットワーク
TEL・FAX : 03-3972-8220
Mail address : officejsbn.jp


| ▲TOP | ■HOME |
これまでにご協力いただいた方々(50音順)

石崎 めぐみ 様
株式会社オフィスアイ 富野 由悠季 様
柏原ライオンズクラブ
共済会櫻井病院
株式会社クリニコ
JFE条鋼株式会社
西福院
四季株式会社
株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
信越化学工業株式会社
スミス・アンド・ネフュー ウンド マネジメント株式会社
富山化学工業株式会社
有限会社はなぶさ商事
株式会社ファンケル
藤本 義文 様
有限会社プロスタッフ
株式会社へるす出版
株式会社へるす出版事業部
松原ライオンズクラブ
株式会社メディコン
八尾ライオンズクラブ
八尾中央ライオンズクラブ
八尾菊花ライオンズクラブ
八尾うぐいすライオンズクラブ
ユニオンメディカル株式会社
吉田 承啓 様
 

その他、多くの方よりご協力を頂いております。ご支援頂きありがとうございます。

 


| ▲TOP | ■HOME |
Copyright (C) 2010 JSBN. All Rights Reserved.